にきびができやすくなる食品とは?

にきびができやすくなる食品とは、どのようなものかと言うと、油分の多い食べ物です。揚げ物や牛、豚、鶏は、にきびができやすくなる食品になります。動物性脂肪は、血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を増やすからです。にきびを予防するには、揚げ物を控え、魚などの魚介類を食べるようにしましょう。魚類の油は、血液がサラサラになる効果があるので、にきび対策につながります。ナッツ類やスナック菓子も油分を多く含む食品なので、にきびができやすくなります。

ケーキやチョコレートなどの糖分が多い食品も、皮脂の材料になるので、にきびができやすくなります。甘いものは、にきびを促進するので、食べ過ぎないようにしないといけません。お米やパン、麺類やジャガイモなどの食品も、にきびができやすくなります。炭水化物は消化されると糖分に分解されます。糖分は皮下脂肪として蓄えられ、皮脂の材料になります。

辛い食品は刺激物になるので、にきびができやすくなります。胃が荒れたり、内臓に負担がかかります。また、辛い食品は、血行を促進するので、にきびの炎症を悪化させる恐れがあります。

ニキビの原因とケア方法